あって当たり前の思い込み

昨日、自宅で取材がありました。
県内のある団体の機関誌が、次回は女性企業家の特集と言う事で
当カタヅケラボも取り上げて頂けるとのことなんですが、
すごいの!お越しになった人数が!
団体の担当者、ディレクター、ライター、カメラマンと
4名様の大所帯で、はるばる新潟からのお越しでビックリです。
新聞社さんの取材はインタビューも写真も記事も
記者さんお一人でってパターンがほとんど。
枠としてはそれほど大きなものではないと思うのですが、
ライトまであてられちゃって、
珍しくド緊張した夏の日でございました^^;)


さて、前回生活の変化に応じたカタヅケと言うお話の中で
列挙した5つの「最近の我が家の変化」の中の、今日は
1)リビングのソファーセットをやめてみたについて。
長くなりますが、お付き合いください。

まずは現在の我が家のリビングです。
a0222088_12355570.jpg
左側の出窓の下から手前に向かってL字型に
ズラッと5、6人掛けのソファーとテーブルがありました。
嫁に来た時からリビングにドデーンッと鎮座しておりましたので
デザインが気に入らないとかは別にして^^;)
まぁリビングってそういうもの、と思っておりました。

今回ソファーをやめたきっかけは、
お盆のお客様用にダイニングのテーブルセット(写真に写っている物)を
リビングに置いてみたことから。

お客様が帰られてからも「あらやだこの配置、結構便利で快適ね」と。
でも当然のことながら、ソファーとの併用は狭いのですよ。
で、ふたりして考えた。

最近感じていたソファー生活のデメリット
1)大型犬の黒犬さんが来た当初、ソファの上を勢い良く走り回ってくれたおかげで座面が随分と傷んだこと。
2)夕食後ついついそこで、うたた寝をしてしまうことで(二人とも)無駄な時間が生まれることが多かった。
3)ソファーの後ろに犬の毛が入り込みやすく、掃除が大変だった。

ソファーを置く意味って、うちの場合家人がくつろぐだけでなく、
お客様用という概念がありましたが、
よくよく考えてみると、基本オフィシャルな大人のお客様は
和室にお通しするので
リビングには気を使わない身内やお友達だけ・・・・
ってことは、ソファーじゃなくたっていいよね?と言う訳で決定!

上の写真から180度クルッと後ろを向くと、キッチンがあります。
a0222088_12362812.jpg
間にはスライド式の間仕切りがありますが、常にはフルオープン。
元々ここにあったダイニングセット、
今後新たに二人掛け用の小さなテーブルセットを置く予定ですが
ひとまず試験的にColemanのイージーロールテーブル。


で、ソファーの行先ですが、当初夫は蔵に入れておくと・・・・。
内心「出たよ、蔵!?」と思った私^^;)
田舎にお住まいの方ならおわかりでしょう。
田舎の家は母屋以外に作業所や蔵があり、都会の人から見たら
仕舞えるところがあってうらやましいわ―と思われがちですが
それは逆に、仕舞えるところがあるだけに
物をためこむ原因になるということ。
何かに使えるかもしれない物を、捨てる前のワンクッション的に
次々運び込むというシステム^^;)
合言葉は「ひとまず蔵やっとくか!」ヒィィィィ\(◎o◎)/
蔵は温度や湿度が安定していて、
大切な昔の物を保管しておくには適したところ。
亡くなったお義父さんが三度も移築してでも残したかった物なので
蔵自体は大切にしたいけれど、中身に関しては
ここもいつか掃除と整理が必要な、我が家の難関です。

話がそれましたね、で結局ソファーはどこに行ったかというと、
5台のうち1台をはずし
a0222088_1237223.jpg
妙にだだっ広い寝室の一角へ。
このすぐ横がベッドなので、今度はかなり狭くなったのですが
寝る前のくつろぎ読書スペースにいかがかしら?と。
でも、ここでも必要なければ最終的には処分の方向で。

今回、あって当たり前に思っていたソファーセットをやめてみて
思いがけず快適になったことがたくさんあります。
他にも「あって当たり前を、やめて正解だったもの」
この続きは次回ということで・・・・

あまりにも長くなりすぎ、途中で
何を書いているのか自分の頭の中の整理ができなくなった
整理収納アドバイザー ヨコヤマでございました・・・・。
[PR]
by katazukelab | 2012-08-23 12:04 | リビング


カタヅケラボ主催 整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコがお送りする暮らしを快適にするカタヅケのツボ  (新潟県上越市)


by katazukelab

プロフィールを見る
画像一覧

カタヅケラボ

検索

ブログパーツ

人気FX比較

ファン

ブログジャンル

画像一覧