<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

たまにはズルもいいですよね?

a0222088_22514356.jpg
第一回カタヅケ塾も無事終わり、今日は半日ガッツリ遊んできました。

出張に行ったり、荷物や資料の多いセミナーから帰ってくると
洋服を着替えると同時に、衣類や持って行った荷物、
バッグやトランクなど、すべてその場で片付けてしまいたい派です。

あっという間に、何事もなかったように通常営業。
定位置が決まっているからこそ、できることなんですが
そんなカタヅケ好きな私も、今日はダラダラです^^;)

遊んで帰ってきたそのあとは、ノンビリできるかと思いきや
サツマイモ掘りと畑の片付け^^;)
なかなかマッタリとはさせてくれない我が家です。
夕飯を作るまではバッテリー持ったのですが、
ご飯食べたらハイ、そこまで!電池切れ。
お風呂入ったら、もうやる気メーターゼロ。

湖で遊んで汚れた黒犬さんの洋服やタオル類は洗面所のボウルの中、
夕方畑で採ってきた野菜も、バケツに入ったまま~、
夕飯の後片づけに至っては、流しの中が山盛り~^^;)

いいのいいの、たまにはさ~ズルしてもいいよね~。
明日いつもより、早く起きてやるからさ~。
その方がモチベーション上がるんだも~ん。

片付けも、いつもいつもキッチリしなくてもいいと思いませんか?
散らかることもありますよ。
やらなきゃいけないこと頑張らなきゃいけない
自分を追い込んではいけません。
モノとの付き合い方が上手になれば、多少散らかったとしても大丈夫。
ストレスをためてまで、キチキチするのには反対でーす^^)/

片付けはどこかに物を押し込むことや、
キッチリ収めることが目的ではありません。
暮らしを楽しんだり、
家族がくつろぎ、疲れをいやす場所をつくることが目的

そういう空間で日々暮らすことで、
心のゆとり・相手への思いやりが育まれ
人柄が育つのだと私は思っています。

自分を追い込まず、たまにはズルもして
日々の暮らしを楽しみましょう♪

決して、私がお皿洗っていない言い訳を
長々書いているわけではないのですよ、ホントです!


明日は朝から精米&荷造りです^^
私の本業はあくまでも整理収納アドバイザーだと
声を大にして言いたい、ヨコヤマトモコでございました・・・。

それでは皆様、良い夢を・・・・おやすみなさいませ。
[PR]
by katazukelab | 2012-09-28 23:27 | アドバイザーのつぶやき

やる気の受講生:2級認定講座

a0222088_23104725.gifいやはや、いやはや23日の長岡に引き続き
本日、新潟市での2級認定講座が無事終わりました。
新潟までの車の運転も随分慣れました。
でもやっぱり遠いね、新潟・・・。

今回は大丈夫だったけど、
スケジュール結構無茶ですね。
10時~17時までほぼ喋りっぱなし
(私の場合はたぶん人の1.2倍量)って、
喉によくありませんもの。
声が出なくなったらおしまいです。
おまけに明日は午前中からカタヅケ塾って、
誰ですか!?そんなスケジュールたてたのー!?

さてさて、今日もエキサイティングな認定講座でした。
掲載の了解を頂いた方のご感想を紹介します。

最初はどんな講習なのかと不安でしたが、とても楽しい講習でした。整理収納について今まで以上に興味が出ました。(Kさん 20代)

家へ帰ってすぐ整理収納に取り掛かりたくなりました。自分の事が「捨てられない人間」だと思っていましたが6ボックス(★)の存在を知り、楽になりました。見直し日が来たら捨てられそうです。もらい物も心苦しく収納していましたが「中」(★)からはずしてみます。(Mさん 30代)

収納は「好き」だけではできないと痛感しました。もっと勉強して自分だけでなく、収納に関してこまっている人の力になりたいと思いました。(Wさん 40代)

(※★は講座内の技法の話です)

エキサイティングな認定講座というのも変な話ですが
でも確かにみなさんの食いつきが凄いんですもの!
話が盛り上がりすぎて、あらぬ方向へ行こうとするのを、
グイグイ力ずくで引き戻したり、女同士ってほんと楽しいね^^

なんでしょうね、終わった後なんて、携帯に明るくない講師そっちのけで
赤外線通信とかでキャッキャ♪とメルアド交換とかしている受講生。
1級取得への意欲も素晴らしく、今後が楽しみな皆さんでした。

     a0222088_23214084.gif

さて明日に備えて
この辺で、おやすみなさいませ・・・・。
[PR]
by katazukelab | 2012-09-26 23:20 | 2級認定講座:受講生ご感想

仕事について考える

1週間前のあの暑さが嘘のように秋めいてきた9月23日
アオーレ長岡での2級認定講座が無事終了しました。

この日なんと、アリーナがスケートリンクになっていた!
a0222088_9553777.jpg
なものですから、このアリーナに隣接する会議室、
廊下が寒いったらありゃしない。
イベントスペースでも住宅設備関係の大掛かりな設置が進んでいたりと
日曜日の開催は初めてなので、賑やかさにビックリでした。

さて、整理収納アドバイザー2級認定講座、様々な方がそれぞれ、
色々な理由だったり希望だったりをもって、受講くださる訳ですが
私自身2007年に皆さんと同じように、この2級認定講座を
東京で受講しました。

はなから、これを自分の人生後半のライフワークにしたい
という思いで受講したので、
当時は「どうすればこれを仕事にできるのか」と
ワクワクしていたことを覚えています。
今回、まるであの頃の自分を見ているような方が受講され
終了後、お礼のメールを頂きましたので、ご本人の許可を頂き
ご紹介させていただきます。


横山先生

今日はとてもとても楽しい、有意義な時間をありがとうございました!
長時間のレクチャーと長距離の運転でお疲れだと思いますが
ご無事にご帰宅されましたでしょうか?
今日ご一緒させていただいた時間は、
私の中でかけがえのないものとなることと思います。
これほど思う存分収納の事だけを語り、しかも変人扱いされなかった!!!
というのも新鮮な感覚でしたが、
何より、先生の知識、技術、経験値に裏打ちされた
揺るぎないプロフェッショナル意識の高さを感じ
尊敬と憧れの気持ちで、久しぶりにドキドキしました!
(これで更年期も吹き飛ばせそうです!?)
貴重な現場でのエピソードを沢山お聞きすることができ、
また、プライベートなことまでお話させていただいて
あっという間の一日でした。
私のこれからの人生において
収納が職業としてのライフワークになったらいいなという
想いが募りました。
これはもう、今日先生にお会いできたこと、
先生のお人柄によるところが非常に大きいです。
今日収納修行の第一歩を踏み出したつもりで日々精進します。
ブログ開設も年内を目標にやってみます。
先生に見ていただけるなら張り切って!
それでは、一言感謝の気持ちをお伝えするつもりが
長くなってしまいましたが
これからも先生のご活躍をブログを通して拝見させていただきますので
よろしくお願いします。
またお会いできるのを楽しみにしております。


Kさん、ありがとうございました。
私への評価は身にあまるもので恐縮ですが
とても気持ちがわかるメールを頂き私も
思わずウキウキしてしまいました。

Kさんはそもそもカタヅケがお好きで、2年前ご自宅を新築した時にも
物の量と収納のことをよく考え、設計されたとのこと。
でも独学で工夫していることに限界を感じ、受講を決められたそうです。

大人になってから、何か新しいことにチャレンジするのは
なかなか勇気がいることです。
特に仕事、好きなこととは言え、自営業者・フリーランスとして
果たして私にお金を払って依頼をしてくれるお客様なんているのかしら!?
と、考えればきりがないのですけどね、誰でも不安なのは同じですが
うまく行く人行かない人の差は、単純に行動するかしないかの違い。

Kさんのように、整理収納アドバイザーになりたいと思っている方は
私が受講した頃に比べれば、確実に増えています。
今は他の団体やそれに伴い様々な資格も増えたので
まずは理論武装とばかりに、
あれこれ資格を取りたがる方も少なくありません。
それも活かすことが出来れば良いですが、当然のことながら、
だからといってほっといても依頼が来るわけではありません。

「好き」を仕事にするのって、もちろんいいことばっかりじゃありませんが
でもやっぱり、それを上回る楽しさや喜びが帰ってきます。
私もまだまだエラそうなことは言えませんが
Kさんのように自分のライフワークにしたいと思っている方、
まずは一歩前に進んでみてはいかがですか?


さて、明日は久しぶりの新潟での認定講座。
明後日はカタヅケ塾第1回目がスタート。
こう見えて、私も初めての人と会うのは、結構緊張するんですのよ。
でも最近、楽しくてオモシロい出会いが続いているので
楽しみな2日間です。

でも本当は、明後日の原稿のPowerPOINT30Pを手直しし始めたら
終わらなくなってしまい、焦っている
整理収納アドバイザー ヨコヤマでございました・・・。
[PR]
by katazukelab | 2012-09-25 11:04 | 2級認定講座:受講生ご感想

アドバイザーのつぶやき:捨てるという事②

昨日(捨てるという事①)の続きです。前回は捨てるという作業には、手が止まるふたつの原因があり、そのひとつは踏ん切りがつかない『感情』の躊躇と言うお話でした。そしてふたつめは・・・・

不要になったゴミを捨てる『労力』の躊躇(ちゅうちょ)
a0222088_11414510.png

もうひとつは、捨てる踏ん切りがついたものを家から外に出し、処分する時に必要な労力。これが結構大変なんです。昨近はゴミの分別方法が細分化されたせいで、ゴミの出し方がわからないからと、壊れた家電製品や家具が家に放置されるケースが多く見られます。カタヅケレッスンで個人宅のお手伝いに行くと、45ℓの燃えないゴミ専用の袋満タンに9個、それに入らない大きさのステッカーを張って出すゴミもいくつかというケースがありました。集積場まで持っていくだけで大変です。おまけに一度に出せないので何度かにわけて出さなければいけなくて、となると途中で気力が萎え一年くらい放置されたり。家具や大型家電ともなれば、軽トラックでもない限り運べません。
この解決方法は、お金を出してでも業者に頼むのがひとつ。占拠する空間とそれを毎日目にするストレス、やらなきゃいけないのはわかってるんだけどね~と自分に言い訳をし続けるストレスを考えた時、お金で解決する価値は十分あります。金額に躊躇していたのに、頼んでみたら「こんなにすっきりするんだったら安いモノ!なんでもっと早く頼まなかったのかしら」とおっしゃる方もいらっしゃいました。気力と体力がある方は地道にガッツリ運びましょう。40代も後半になるとね、それがなかなかできません(私だけ?)
そして直接の解決策ではありませんが、物の買い方を振り返ること。
それ本当に欲しいモノ?うちに本当に必要?何か代わりになるモノがうちにない?深く考えずに買ったものほど思い入れがなく、結局使わずに、でも捨てる訳でもなく家に滞留物としてただ置かれている。そんなものだらけじゃありませんか?考えましょう!買う前に!買うのは簡単なの。でも捨てる時ってホント大変なんですよ。私もかつては、インテリア・雑貨・文房具関係のお店に行くと、店に入る前から血圧急上昇、テンションMaxでアホ買いしていたものです。最近はそういう意味では、あれこれ考えるので、昔ほどお買い物が楽しくなくなったかもしれません。でもその分、お金も空間も無駄がなくなり、暮らしは快適。だってそのために気に入ったものを買ってたはずなんですから。


物の少ないスッキリとした部屋
これは、お客様にどんなお部屋にしたいですか?と聞いた際、最も多いお答え。スッキリ暮らしたいはずなのに、なぜ我が家は・・・・。家族が協力してくれないとなげく前に、そして買い物に行く前に、捨てられない感情と捨てる労力を今一度振り返ってみてください。使っていないけど捨てるには・・・・と手が止まった瞬間が振り返りのチャンスです。
[PR]
by katazukelab | 2012-09-17 06:00 | アドバイザーのつぶやき

アドバイザーのつぶやき:捨てるという事①

a0222088_1821338.jpg
2012年の稲刈り真っ最中です。今週は私もお手伝いで参戦しています。日ごろの運動不足から、連日筋肉痛との闘いです。せめてもの楽しみは、毎朝の体重測定で筋肉量ががぜん増えている事実。お電話いただいた時に、バックでコンバインがウィンウィン言ってたらごめんなさい。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + +  

書きかけの記事がいくつかあるんですが、でも今日は最近気になる事を書いておきたいと思います。それは『物を捨てる』と言う事。ここ最近、たてつづけにお会いした方とこの話題になるんです。

『使わないモノで収納が埋まってしまっていて、肝心なものが収納できずに外にモノがあふれていませんか?』まぁこんなことをよくセミナーでもお話します。片付けのカテゴリーの中でも重要なのがモノと人との関係な訳ですが、その中でも常に話題になるのが捨てるという行為。一度家に入ってきたモノは、自分が捨てるなり外に出すなりの作業をしなければ、ひとりで勝手に出て行ってくれることはない訳です。そしてこの作業をしなければ、いつか家の中は物であふれ、不便で不快で楽しくない空間になっていきます。
でもかくいう私も、実は捨てることが苦手だったりします^^;)それはたぶんに壊れていない物を捨てる罪悪感がほとんど。だから、そこで手が止まるという皆さんのお気持ちはよくわかるんです。でね、ここで片付け上手は捨て上手なのかというと、そういうことでもありません。あまり躊躇せずポンポン物を捨てる人は、じつはまたポンポン物を買いますから元に戻りやすいんです。

さて、この捨てるという作業には、手が止まるふたつの原因があるのです。

踏ん切りがつかない『感情』の躊躇
一つは『高かったから』とか『思い出の品だから』『壊れていないから』等、色々な理由から捨てることへの躊躇がおこります。これは感情です。基本に忠実に言うのであれば、現在使っていないモノ、いつか使うかもしれないモノは処分するが正解。でも、ここでは、いきなり捨てなくてもいいと思うのです。そこで無理に捨ててしまって、罪悪感に苛まれるのであれば、もう少し気持ちの整理ができてからでもよいと思います。だって手が止まってしまいますからね。その時間があったら他のモノを片付けてスッキリしたほうがいい。(ストレス解消や無駄・無計画に買ったものに対しての、振り返りは大事ですけれど)あきらかに今は使っていない、もう使わない物だとしても今は手放せないという物でも、時間が経過することで、その物への執着がなくなりあっさり処分できることがあります。片付けには段階があっていいと思います。片付けは一度やったら終わりではなく、家を心地よい空間に育てていく感覚が大切だと私は思います。実は私も先日、洗面所から着物やパーティー用のつけ毛や櫛、飾りなどをゴッソリ捨てて引き出しがスッカラカンです。
でもここで勘違いしてはいけないのが、『モノを大切にしなければいけない』という呪縛。物を捨てられない言い訳にする方がいらっしゃいますが、それは大きな間違い。使いもしない物で溢れ、肝心の必要な物が見つからない、収納できないのであれば、それは本来の物の価値を活かしきれていないということ。その方が余程物を大切にしていないということ。


もう一つの原因「労力の躊躇」、続きはまた明日・・・・
[PR]
by katazukelab | 2012-09-16 11:15 | アドバイザーのつぶやき

あって当たり前の思い込み:ソファーのその後

朝夕はすこーし涼しくなったものの、
9月だと言うのに昼間の暑さは相変わらず容赦ない毎日ですが
皆様いかがお過ごしですか?
今日は午前中の通り雨の後、驚くくらい涼しくなって
びっくりしている上越地方です。

さて、先日掲載したリビングのソファーセットをやめてみたから
10日程が経過したわけですが、その後また変化が・・・・



ソファーの一部を戻しました!
a0222088_17492919.jpg
携帯写真で見にくくてすみません。

どうもねー、ちょっとノンビリしたいって時にソファーがないことで
リビングが快適空間じゃなくなったんです^^;)

『よしっ、ソファーもどすぞ!』
と言う夫の鶴の一声の元、テーブルの位置が90度変わり
椅子が2台撤去され、その場所にソファーが3台設置されました。

ヒャー!久しぶりのソファーってばステキ~!
早速ゴロゴロ、ウダウダする奥様。
ソファーの後ろにも結構な空間があり、
スペース的にもそれほどの圧迫感はない。

a0222088_1749516.jpg
で、夫殿早速出先でこんなものを買ってきて、、ソファーの足それぞれにつけてくれたので冗談みたいにソファーがスルスル動く!これでお掃除もしやすいって訳。

いや~できた夫だね~。片付けが下手とか、机の周りが悪魔の巣窟とか、セミナーのネタに使ってごめんなさい。
でもね、夫がこんなに速攻で動いてくれたのには訳があるのですよ。

上の写真のソファをよーくご覧頂くと、黒い物体がおりますね。
我が家の黒犬オボッチャマのいつもの定位置がなくなっちゃって
ベッドもあるのに床で寝ているのが不憫だったのと
(暑いだけだと思われるが・・・)
ソファーでオボッチャマとイチャコラできなくなったのが
主な原動力な訳で、決して奥様がくつろげない事が不憫で、
が彼を突き動かしたわけではない^^;)

まっ、そんなことはどーでもよろしいんですが
ちょっと低めのソファーとテーブルの感じが
ゆるめのカフェみたいで、とても快適。
今もパソコン持ち込んでソファーで打ってます。

ここのところ、体調不良4日目、
40代も後半そろそろ微妙なお年頃の
整理収納アドバイザーヨコヤマでございます。
9月1日の防災の日にちなんで、
備えるお片付けのネタも用意中でございますが
今日は早めに切り上げ、
ソファでゆるゆるを堪能させていただきます♪
[PR]
by katazukelab | 2012-09-04 16:42 | リビング


カタヅケラボ主催 整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコがお送りする暮らしを快適にするカタヅケのツボ  (新潟県上越市)


by katazukelab

プロフィールを見る
画像一覧

カタヅケラボ

検索

ブログパーツ

人気FX比較

ファン

ブログジャンル

画像一覧