<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

片付けは思いやり:2級認定講座@長岡3月

先週末、3月度の「2級認定講座@長岡」が終了しました。
いやはや今回も皆様、深い気付きと笑いをありがとうございました。
a0222088_13412966.jpg
本人に聞こえるので大きい声じゃ言えませんが、
(なので、この記事はFacebookにリンクしないのだ!)
セミナーで度々登場する「片付けのできない我が夫」(笑)

彼の部屋はさながら「悪魔の巣窟」であるという話をしたら、
「うちもです!」と同意くださった方がおられました。
でもね、その方はご主人の部屋の事を、あえて「宝物の部屋」と呼んでいらっしゃるとのこと・・・・
ううう、脱帽でございます!

あたくし、やはり人生においてまだまだ修行が足りないようでございます。
セミナーではいつも「家族が片付けてくれない」「家族のせいで片付かない」と嘆く前に・・・
というお話をしています。
片付けに大切なのは「思いやり」であるとかね、言ってるくせに
思いやりのない命名^^;)

でもね、ネタに使えないのも面白くないので、まだまだ「悪魔の巣窟」と呼ばせて頂きますけどね。
(全然懲りてない)

******************************


【受講生のご感想】
本日の受講生のご感想、掲載の許可を頂いた方のみご紹介いたします。
受講を考えている方はご参考に。

Tさん(40代女性)
今日はありがとうございました。前からとても興味がありとても楽しみにしていました。整理収納に関する本・テレビはよく見ていましたが講座は初めてですごく充実した時間でした。1級も受けて、あわよくば仕事したいと思いました。

Aさん(30代女性)
とても聞きとりやすく、実例を交えた説明がとても分かりやすかったです。明るい人柄でとても楽しく勉強できました。かなり遅れて参加してしまいましたが温かく迎えて頂き、個別に復習してもらいとてもありがたかったです。ありがとうございました。

Sさん(60代女性)
本当に楽しい目からウロコの講座でした。早速気になっている整理収納に着手したいと思っています。

Iさん(30代女性)
家中全て整理したい衝動にかられました。整理収納というものを今まで誤解していたんだなあと思います。7人での同居生活、自分の部屋だけが片付いたとしても意味があるのか?と思っていました。でも「自分の基準」を家族に強要しない、という言葉に衝撃を受けました。自分が満足する整理収納も、家族にとってはそうではないこともあると知りました。まずは自分の部屋から徐々に家中に広がっていけばいいなと思います。整理収納を通してリラックスできる日々を過ごせるよう頑張ります!!

Oさん(30代女性)
最初は不安でしたが、とても楽しく研修させて頂きました、片付けが好きな人(私は苦手ですが)の意見も聞けてとても参考になりました。先生からもミニアドバイスをしていただいたので早速やってみたいと思いました。ありがとうございました。


***************************


今回は久しぶりに、女の園の中に男性1名のご参加でしたが
全く違和感なく積極的に参加してくださいました。

「片付け」というものが単純に「出来て当たり前の家事」のひとつという認識ではなく、
そこから「家族に派生する影響力」を理解してくださる男性が増えてくれることは
この上ない喜びだ!と力説したくなる、整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコでございました・・・・。


ついにキタ!
明日から無印良品Netストアでメンバー限定10%OFFの「無印良品週間」がはじまりますね。
ふふふ、皆様、要らない物まで買わないようにね(私もね)





[PR]
by katazukelab | 2014-03-20 14:59 | 2級認定講座:受講生ご感想

ケシポンその後

ケシポンシリーズ第3段!って、シリーズにするほどの話かとも思いますが
1月に導入した我が家の3個のケシポンちゃんたち、活躍しております。

           過去記事はコチラ・・・
            ・ゴミ削減と個人情報の保護にケシポン!
            ・ケシポン玄関編

ケシポンした後の紙を入れるボックスを各デスクに設置した結果。
性格出てるよね~もちろん左のパンク寸前がA型の夫。
(セミナーでよく登場する、ほら、あの・・・)
a0222088_11333932.jpg


















当然のことながら、ゴミ箱にたまるゴミの量が圧倒的に減り
デスク周りの紙ゴミの多さを実感しましたよ。

それでは正式に設置決定と言う事で、無印のPPファイルボックスを購入しますが
これ、ワイドタイプが出てるって知ってました?
この前店頭で実物見たけど堂々たる幅広っぷりにちょっと笑った。
夫用にはこっちだな。(無印さんから勝手に写真拝借)
a0222088_11273374.jpg

ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプワイド

A4用ホワイトグレー 約幅15×奥行32×高さ24cm 税込840円


色々まとめ買いしたいのに10%OFFの「無印良品週間」が
なかなか来ないわ~と思っていたら、こんな記事発見。

無印良品週間10%OFFの法則

消費税の関係もあるから来月頃かしらね?
ちなみに無印は4月の消費税増税後も価格維持(実質値下げ)とな。
ありがたいわー。

あっ、もひとつちなみに、我が整理収納アドバイザーの総本山!ハウスキーピング協会 では
無印との起業コラボをしておりまして、ホームページでもいろんなアドバイザーの
使用例が見られますので、よかったらどーぞ!→コチラ!

って、こんなに「無印」「無印」連呼して、回し者だと思われたらどうしようとか
意外に小心者の^^整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコでございました・・・。

[PR]
by katazukelab | 2014-03-12 11:28 | アドバイザーのつぶやき

春がくる前の書類整理いたしました!

朝からいいお天気!
黒犬連れて山の写真を撮りに行きたいのをぐっと我慢してやっているのは
昨日からはじめた自室の書類整理。
a0222088_11310107.jpg


















「片づけ好きだが、そうじが嫌いでモノが捨てられない」整理収納アドバイザー
という肩書きをもつ私(ながっ!)
毎年3月には1年分のお仕事関係の書類の整理です。
要るモノと要らないモノをわけ、要るモノを使いやすくしまう、これ基本!

今年は珍しく確定申告を早めに済ませてしまったので余裕~♪
とか思ったら大間違いだ!
昨年は講師のお仕事が多かったので、紙で出力した資料やデータの多いこと!

一つの仕事やイベントが終わったら、保存するモノ・処分するモノと分類してあったはずが
どうも途中からシステムがダウン!?のなし崩し!?
今のペースにあった分類とファイリングの見直しです。

[私の癖 再確認]
・時間に余裕がなくなると「ひとまず」が出やすい
・時間を作って一気にやろうとする

セミナーでもよくお話することですが、アリとキリギリスで言ったら私はまさに「アリタイプ」
時間のある時にやろうと思うのである。
では、夏休みやお正月休みにやるかというと
その時はその時でお出かけしたり、他にやる事があるんだよね、これが。
で、ふと気づけばあっという間に1年・・・・ふぅ。

こういう人はね(私だが)、やっぱ1日15分の習慣だ。
最近クローゼットに放置していたあのタイマー、また毎日首から下げるとするか。

最近のセミナー受講者の皆様。
「あれから15分チャレンジやってます!色んなところが片付いて驚いています」
なんてメールを頂きます。
すみません、私も口だけじゃなく頑張ります^^;)


ついでに、ほとんど見直すことのない「保管」のジャンルに入っていた資料。
時間の経過とともに、破棄できるモノをチェックしてみると
懐かしいものを見つけて、しばし感動!
a0222088_11312050.jpg

















2009年に2級認定講師の資格をとった時に勉強したプレゼンの手書き資料だ。
先生のCDを何度も聞いては、自分なりの言葉でまとめて、何度も練習したんだったなー。

いやはや初心に帰るとはこのこと!


デスク背面の書類棚がいくつもスッカラカンに空いちゃって
「お引越しですか?」的雰囲気を醸し出しています。


雪が溶ける前に、モノだけでなくカラダも身軽になりたいあたくし。
10月から始まった「根本から生活習慣を見なおすダイエット」
本日現在の達成率44%でございます。
ここのところきれいに横ばい傾向、
消費税アップに逆行し、体重は大幅ダウンにいどむ所存の(意味不明?)
整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコでございました・・・。








[PR]
by katazukelab | 2014-03-11 11:30 | アドバイザーのつぶやき

久しぶりの東京です。

昨日は久しぶりの東京でした。
整理収納アドバイザー 認定講師の勉強会。
a0222088_22044225.jpg
行きはポカポカ陽気だったのに、帰りはまさかの雪、横殴り!
信号待ちで、あまりの寒さに死ぬかと思った。


全国から、それも上級クラスの講師達(有名な大御所クラスも!)が集まり、
講座内容の確認や、改善・報告など。
いやホント!いい勉強させてもらいました。

ここ数年、アウトプットばかりでインプットが少なくなっていたと感じ
今年の計画には「移動してインプットを増やす」と書いた。
インプット過多も頭でっかちになって困るけど、アウトプット過多も枯渇するよね。

2007年に1級資格、2008年に2級認定講師の資格を取得。
現場経験を重視していたので、講師としてのスタートは2011年からでした。
今思うと、当時はまさに頭でっかちのガチガチ女だったなーと思う^^;)
講師として喋ることに関しては、前職からの経験があったのでよいのですが
「講師たるモノこうでなければ」とか「整理収納の概念とは」とかね。

最近は月一の2級認定講座がとても楽しい。

良い刺激になりました。
終了後、駅でおしゃべりに興ずるのもまた楽し^^



・・・・で、お勉強とは言っても、あたくしのことなものですから
当然前後に寄り道はある訳で・・・・
続きはこちらで♪

ヨコヤマ、プライベートブログです。
a0222088_23291956.png
写真をクリックすると、プライベートブログ「おはぎときなこ」にとびます

「どんな人が来て頂けるのか緊張してましたが、オモシロい方で良かったです♪」と
おっしゃっていただくお客様が時々いらっしゃいます。
緊張のかけらもない人間だと言う事がバレテしまいまうかもしれませんが
どうぞその辺りはご内密に・・・・。

あっでも、今回はお勉強がメインですからね、ホントだよ!!!






[PR]
by katazukelab | 2014-03-09 00:25 | アドバイザーのつぶやき

高齢者のすまいづくり

昨日は朝一で80代前半のYさんのお宅へ。
この方私がカタヅケラボとして正式に活動しはじめる前からのお客様で
今でも時々ご依頼を頂く。

高齢者の住まいには若い世帯以上に、整理収納理論が必要とされている。
でもまだまだ「わかっちゃいるけど、モノが捨てられないのよね~」というレベルの
認識しかないのが現実だったりするんです。
若干遠くなられた耳元で「何かあったら死にますよ!」と言って差し上げたい、
最近のあたくしです^^;)
a0222088_21261102.jpg
この写真はあくまでもイメージです・・・



今回のYさんは、家をリフォームしたことで、納戸にモノが山積みになってしまったのを
ひとりではどうにもできないと言うお電話を頂き、レスキュー部隊出動~。

確かに、場当たり的に次々とモノを運び込んだ結果、広い納戸は足の踏み場がない。
でも問題なのはそこじゃなかったんだけど、ご本人はそこに気付いていないのね・・・とほほ。


毎日使う洗面所がキケン!
納戸に行くには洗面所を通過するんですが、そこにもモノがあふれ
毎日のお洗濯やお風呂に入るたび、色々な不便がありそう。
でも、住んでる人にしてみると毎日のことなので気づいてないってよくあることです。

使いやすい位置にある作り付けの棚には、2人暮らしには多すぎるタオルの山。
洗面台の下は使わない物でいっぱいなため、買い置きの在庫が床に並べられ、よけて通る。
つまずきそうなところにまた置いてあるんだこれが。
洗濯機の足元にも使用中の洗剤が何種類もゴロゴロ。
高齢者にはいちいち「かがむ」という動作は負担が大きいはずだが、同じく気づいていない。
予備のトイレットペーパーは、はるか頭上棚の上に鎮座。
80代のおばぁちゃんが椅子に乗ってそれを取っている姿を想像すると、背筋が寒くなるよ、もう。

高齢者の体にかかる負担
おまけに納戸に続くたった3段の階段も、
3年前に腰を痛めたYさんには降りるのもやっと、昇るのもやっと。
ついでに納戸はこの時期、他の部屋に比べるととても寒い。
この時期よく言われるヒートショック現象 は怖い。
なのに日に何度も、納戸に物を採りに行くという。

今回ご提案したこと・・・
 ・納戸は暖かくなってからゆっくりやりませんか?
 ・頻繁に使うモノは納戸におかず、使いやすい場所におきませんか?
 ・洗面所の床に置かれている物と、タオル等、立ったまま取り出しやすいようにしませんか?
 ・消耗品の置き場所を作りませんか?

約2時間、ご本人は近くに椅子を持ってきてお座り頂き、確認してもらいながら作業終了~。
さてさて、じゃぁお茶でも、と茶の間で一服頂いていて、気づく・・・・。

茶托やお茶わんが茶箪笥の一番低く奥行きのあるところにある。
(取り出すたびにバランスの悪い姿勢)
ポットの位置がお座りの場所と反対で、いちいち立って何度もお湯を組みに行く。
(腰が痛いのに)

むむむむむー・・・。

一気にあっちもこっちも移動や変化させるのは、高齢者にとって混乱の元。
今度、近くまで来たついでにとお茶でも頂きながらご提案しよう・・・・。

高齢者の片付けはむずかしい。
体力も記憶力も衰えてくる上に、気力も若い頃に比べると半減する。
おまけに判断力も激しく衰える。ふー。
そして体の自由が利かなくなるから、家の中はキケンがいっぱい。

高齢者の家と言うとまず「手すり」と思いがち。
高齢者の家を「安全で快適なすまい」にする、すまいづくりが重要だと言う事をひしと感じ
実家の母(入院中)にも元気なうちにもっとあれこれしてあげておけばなーと
ちょっとだけシンミリしちゃった、整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコでございました・・・。





[PR]
by katazukelab | 2014-03-06 22:00 | 高齢者のカタヅケ


カタヅケラボ主催 整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコがお送りする暮らしを快適にするカタヅケのツボ  (新潟県上越市)


by katazukelab

プロフィールを見る
画像一覧

カタヅケラボ

検索

ブログパーツ

人気FX比較

ファン

ブログジャンル

画像一覧