タグ:リビング片付け ( 4 ) タグの人気記事

地震に備えるカタヅケ:リビング

さてさて「地震に備える片付け」テーマ復活です。
長くなると思いますが、お付き合いいただければ嬉しいです。
備えあれば憂いなしと言いますが、
さて一体、何に対してどこまで備えればいいんでしょうね?

私なんて結構妄想が先走るタイプなものですから^^;)
もし、私のいない時に、うちの黒犬オボッチャマが
上から落ちてきたモノの下敷きになったら・・・・!?
ガラスが割れて足にケガなんかしたら・・・・!?
なんて考えると、「ひょえーーーっ!?」と鳥肌モノで
いても立ってもいられなくなるわけですよ^^;)

そこで、みなさんのお宅の場合、
小さなお子さんやお年寄りが同じ状況に置かれた時
大きな地震に備えて、何をすればいい?を具体的に考えて頂きたいのです。

「我が家の危険回避策」をご紹介する前に
まずは何に備えるべきかを少し整理しましょう。
私は、下記の三点が重要だと思っています。

①家の中の危険対策
②いざという時のための備蓄品
③通信網がマヒした時の家族との連絡方法


大切なのは、よそ様のやり方だとか
冊子等に載っている、よくありがちな見本と同じではなく
「うちの場合」です!a0222088_1463091.gif
我が家の間取りだとどこが危険?
お父さんお母さんが会社に行っている時に地震があったら
携帯が繋がらなくなった場合の、
子供たちとの連絡方法はどうすればいい?
住んでいる地域・家族構成・家の耐震度・間取り等
様々なシュミレーションができるのではないでしょうか。

その中でも片付けと関係する①家の中の危険対策ですが
普段皆さんが1番長い時間を過ごす場所はどこですか?

例えばリビング。
我が家の場合、昼間は犬だけ、もしくは私と犬が主に過ごしています。
a0222088_14561093.jpg
最も危険なのは46インチのテレビ。
これは購入した際、搬入しに来た電気屋さんが
転倒防止用の耐震マットをつけてくれました。
当時、結構良いお値段した記憶があります。

a0222088_14223963.jpg
それからテレビの上のオーディオ関係と飾り物。
この手の物は、大きな地震では落ちてくるのではなく「飛ぶ凶器」になると言われています(怖っ)

全てこのような耐震ジェルマットで固定してあります。

あと、上の写真で危ないのが植木鉢。
a0222088_14563184.jpg
性格がよくわかりますね、切り方超アバウトです^^;)
これ以外にも出窓に大き目の植木鉢がありますが、
植木鉢の下にすべり止めのマットを引いてあります。
a0222088_153175.jpg
これは滑り・めくれ防止の滑り止めマットです。
写真はダイソーの製品ですが、色はオフホワイトとブラウン。
他にもいろいろ、いいモノがあると思いますが、
私は今これが気に入っていて、食器の飛び出し防止にも使っています。

基本的には我が家、リビングには物が少ないので
グルッと見回すとこれでOK。
皆さんのお宅はいかがですか?
ガラスのショーケースだったり、背の高い家具はありませんか?
和室の場合、これからの時期こたつなどで座っていることを想定し
そこに茶箪笥が倒れてきたり、テレビが吹っ飛んで来たり
そんなことはありませんか?
a0222088_15162351.jpg
面倒に思われるかもしれませんが、大きな地震が起きた時
医療機関はパンクする、もしくはそこまでたどり着けないことを想定し
ケガをしないことが重要です。

5年前の中越沖地震の時、柏﨑の街中に住んでいた友人が、
電子レンジのドアのガラスが割れ、足の裏を怪我したそうです。
しかし、自分よりももっと大変な人がいるからと、病院にも行かず
給水車に並んで水のタンクを運ぶのがつらかったと。
街中にやっと救護室ができ、治療してくれた先生に
「もっと早く治療できればよかったね」と言われたとき
初めて涙が出たそうです。

さて、次回は危険なものが多いキッチンについてお送りします。
こういう話になると、なぜだか妙に熱くなってしまう
整理収納アドバイザー ヨコヤマでございました・・・・。
[PR]
by katazukelab | 2012-11-08 15:18 | 地震と片付け

結婚10年子育てママのカタヅケ奮闘記<リビングの収納棚:後編>

おもちゃに続き、余裕のできたスペースに
今度は子供のお勉強道具を置くスペースを。
小学校2年生くらいだと自分の部屋よりも
ママのいるダイニングがお勉強スペースってことが多いです。

お勉強セット
a0222088_10134058.jpg
これは小学校2年生のお姉ちゃんが毎日使うお勉強セット。
ダイニングテーブルすぐ横のこのスペースが使いやすい場所。

後日談:この写真を撮って既に3週間
Uママ自身もどんどんカタヅケテクニックが上達していて
先日伺った時にはテキスト類は素敵なボックスファイルに入れられ
筆記用具も下の子にいたずらされないようにと、
使う物だけ蓋つきのカゴに入れられていて
その上達ぶりに私もびっくりだ!

収納用品の素材
今まであっちこっちで見かけたプラスチックのカゴや入れ物。
Uママさんのお宅は床がフローリングで収納棚も木目ですから
天然素材の収納用品を意識すると違和感なくまとまります。

逆にツヤのある白い家具なら
樹脂やプラスチックの収納用品の方がしっくりくる場合もあります。
要は、素材や色を意識することで
とっちらかったちぐはぐな雰囲気を防ぐことができるのです。

では最後に・・・

before
a0222088_10145030.jpg
              ↓
after
a0222088_10152046.jpg

[PR]
by katazukelab | 2011-04-01 14:17 | カタヅケ奮闘記

結婚10年子育てママのカタヅケ奮闘記<リビング収納棚:中編>

さて引き出し内の不要な物を処分したら、
もうそこからエンジンかかっちゃったUママ^^
いさぎ良いったらありゃしない。
結局このエリアだけでゴミ袋4つ分、要らない物を処分し
使いやすいように収納した結果・・・・・・

after
a0222088_1092956.jpg
なんとなくつい物を置きがちな天板の上は
子供の写真やかわいいおもちゃなどの装飾スペースに。

後日談:子供が色々置きそうと心配していたUママ。
片付いてると子供も置かないもんですね!とママびっくり♪

新しくできたおもちゃ箱
a0222088_10111646.jpg
もともとあったかごの中身も処分品だったので、
しまうところがなくて外に出しっぱなしだったおもちゃを収納。

子供のおもちゃもよく分類してみてくださいね。
既にブームが去って見向きもされない物や、
汚れてしまったものなど不要な物は処分して、
成長に合わせて子供が好きな物だけを吟味したら、
意外と少ないもんです。

ぬいぐるみ・音の出るおもちゃ・ボール・人形・車など、分類してみると
親が買ってきたり頂いたりする物も、
種類にかたよりがあるのがわかると思います。

子供と一緒にわけてみて、
『車はもうこんなにあるから買わなくてもいいね。』
『お人形さんは傷んできたから、今度のお誕生日には
お人形を買ってもらおうね。』なんて、
子供にも自分のもっているおもちゃを意識させるいいチャンスです。
なんでもかんでも買い与えない、
物を大切にすることを教えるにはカタヅケは効果的だと思いませんか?

ちなみに、Uママ家は音楽一家、
子供のおもちゃにも音の出る楽器類が多かったね^^

次回は遂に完成&撮影です!
[PR]
by katazukelab | 2011-03-31 19:16 | カタヅケ奮闘記

結婚10年子育てママのカタヅケ奮闘記<リビングの収納棚:前編>

さて今日はちょっとお時間かかりますよ。
こちら・・・・リビングの壁の大きな面積を占拠している収納棚です。

before
a0222088_10172517.jpg
お子さんのいらっしゃる方ならお分かりになると思いますが、
(私は子供いませんけどね)
子供のおもちゃやその他の物ってホント細々してて、
おまけにノートのはしっこに書いたお絵描きや意味不明の折り紙、
元が何だったのかわからないちっこいパーツとかね^^;)
捨てていいのか悪いのか、
意識してなきゃあっという間に物があふれだします!
おまけに、今回のタイトルになっている
「結婚10年」ってあたりがミソなんです。

Uママ家は10年前ふたりで新婚生活をスタート。
当時は2人のもち寄った物と
新しい生活のために揃えたものと、すっきりした生活だったはず。
月日は流れ、赤ちゃんが生まれ初めての子育てにアタフタ奮闘しながらも
徐々に子供の物が増えていくのはしあわせの証し。
そして上の子の手が離れそろそろ家の中のカタヅケも、
なんて思った頃2人目の育児に突入。
もうそこからはテンヤワンヤ、
まぁ少しくらい散らかってたって死ぬわけじゃなし^^;)
そこのあなた!今首が折れそうなほどうなずいてませんかー?^^
(でもご両親やご主人様が既に何年も生活していたお宅に嫁いだ場合は
もっと大変なことになっているはずですが、それはまた別の機会に・・・)

棚の上の茶色い引き出し(左)
引き出しの取っ手にかけられたウォールポケットや子供のポシェット。
引き出し開けるたびにそれを横によけてーって邪魔じゃなかった?
と聞けば、「習慣になっちゃうと特に疑問も持たなかったなー」と
苦笑するUママ^^;)

中には
・今はやめてしまった保険関係の古い書類
・携帯や電気料金などの明細書
・使用済みの電池大量
(捨てる場所を決めてなかったのでなんとなくここに溜まった)
・ポチ袋に入ったままのお年玉
・昔の写真
・印鑑、通帳、外国の紙幣など

全部検証してわかったこと。
残す必要のあったものは最上段の小さな引き出しひとつ分だけ。
あとはすべて必要のない物でした^^;)
でもUママさんのお宅が特別なんじゃないですよ。
どこのお宅も意識していなければ、多かれ少なかれ
既に不要になっているけれど、
ひとまず入れっぱなしと言う引き出し多いはずです。

その後引き出し以外の場所も同じく、
要るものと要らないものの選択は続きます・・・。

★今回掲載したリビングのbefore→afterが
現在上越・妙高地区に配布されている
フリーペーパーcocola4月号に掲載されています。


それを見たUママからメールが来ました。
「一度整理すると、前の風景を忘れるものですね!
何だったんでしょう、あのモノの多さは・・・^^;)」
そんなもんです^^
[PR]
by katazukelab | 2011-03-29 13:58 | カタヅケ奮闘記


カタヅケラボ主催 整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコがお送りする暮らしを快適にするカタヅケのツボ  (新潟県上越市)


by katazukelab

プロフィールを見る
画像一覧

カタヅケラボ

検索

ブログパーツ

人気FX比較

ファン

ブログジャンル

画像一覧