タイミングとキーワード

a0222088_15521484.jpg


カタヅケのお仕事をしていると「もう、どこから手をつけたらいいのかわからない」と言うフレーズをよく耳にします。


でも不思議なもので、人はほんの小さな言葉がきっかけでスイッチが入ったり、がぜんモチベーションがあがったりとかね、そんなキーワードっていうのがあることを最近立て続けに耳にしたのでそのお話。

前回のカタヅケ塾終了後、宿題を送ってくれた方のメールにこんな文章がありました。

「前回先生が仰った「ここになくてもよい物」という言葉が整理するにあたって
とても役に立ちました。」
と。

すみません、言いましたっけ?^^;)
私にとってはいつも言っている当たり前のフレーズが、その方にはピコーン!とヒットしたんですね。

またもう一人の方からは
「前回「洗剤の定番品を決める!大人なのだから~、一本化する!」と指摘され、
ごもっともと納得。」
と。

すみません、そんなことも言いましたっけ?とこの方には本気で聞いてしまいました^^;)
でも確かに、種類がばらばらの洗剤・シャンプーのストック品の画像が添付されていましたが
それと一緒に見事にスッキリ変化した洗面所の写真が送られてきました。
ブラボー!

当然講師の立場上、何を発するか、責任あるわー!?と身に染みたのはもちろんですが
人それぞれ、何がきっかけになってスイッチが入ったり
ピコーン!と片付けアンテナが反応するかはわからない。
その人の困っていること、タイミング色々な要素。


以前、新聞に掲載してもらった私の記事を見てくださった方が
「暮らしが変わると生き方が変わる」と言うフレーズが忘れられなくてと
3ヶ月迷ってご依頼の電話を頂いたことがあります。

この方とは、その後長期に渡ってお手伝いすることになるのですが、
広いお宅からは45ℓの袋100袋以上を処分することとなりました。

どこから手を付ければいいのかと正におっしゃっていた方が
私が行く日は前の日からワクワクして
後半は、当日伺った時には既に不要な物をご自分で選別されているようになったほど。

その方が言ってくださったのは
「使いやすくなって便利になったのはもちろんですが
心に風が通ったようで生きるのが楽しくなった。」
と。
定年後、いつかはやらなきゃと思いつつ4年かかった片付け。
やっと肩の荷が下りたともおっしゃっていたなー。


かつて私の背中を押したのは、こんな言葉。
1級の資格取得直後、モニターでやらせていただいた片付けが苦手な30代の女性。

半年後に偶然スーパーでお会いした彼女は、キラッキラの笑顔で
「先生~家にいるのがすごく楽しい!片付けが楽しくなってる自分に驚いてます^^」と。
好きで始めた整理収納アドバイザーとして活動しはじめ、
でも気合が空回りして、どうすりゃいいんだ!と煮詰まっていた私に
「いい仕事だなー」と思わせてくれたひとこと。
5年も前の話。

今行き詰ってる人も、何かのタイミングキーワードをきっかけに好転するかもしれないけれど、
でもそれは結構みっともなく悩みながらも、
がむしゃらに行動した人にしか降ってこないモノかもしれませぬよ。

たかが片付け、されど片付け。
暮らしが変わると生き方が変わるんですよ。
[PR]
by katazukelab | 2013-06-03 17:16 | アドバイザーのつぶやき


カタヅケラボ主催 整理収納アドバイザー ヨコヤマトモコがお送りする暮らしを快適にするカタヅケのツボ  (新潟県上越市)


by katazukelab

プロフィールを見る
画像一覧

カタヅケラボ

検索

ブログパーツ

人気FX比較

ファン

ブログジャンル

画像一覧